ピルの副作用、血栓症はアイピルの服用でも起こる可能性はあるの?

血栓症が起こるのかかねげく

緊急避妊薬成分、レボノルゲストレルをご存知でしょうか?レボノルゲストレルはアイピルなどに配合されている成分です。避妊性に優れていて、アイピルを飲むことで受精卵の着床を防ぐ効果が期待でき、女性は妊娠しにくくなるのです。そのような効果はレボノルゲストレルという成分が影響しているのです。

効果も大きい、レボノルゲストレルには血栓症などの副作用のリスクもあるといわれています。そんなレボノルゲストレルの効果と血栓症などの副作用についてご紹介したいと思います。

アイピルなどのレボノルゲストレル含まれている避妊薬は女性のお守り

女性のお守りになるアイピル
望まない妊娠回避のために使われる人気のアフターピルは、アイピルです。避妊具装着の不備や経口避妊薬服用忘れといった、避妊に失敗してしまったという時や避妊措置が取れなかったというとき緊急的に用いる薬なのです。そのため、計画的な妊娠回避のために使われている薬剤では無く、妊娠したかもしれないと不安になってしまう女性を不安感から解放してくれる薬です。

アイピルなどのアフターピルは性行為の後72時間以内に服用すれば避妊効果得られるという点で女性のお守り的な薬剤といえます。しかし、アイピルなどの緊急避妊薬は治療目的で使用されるというわけではないので、その目的で使用される時には保険適用はされません。

アイピルに含まれているレボノルゲストレルは、黄体ホルモンの一種でノルゲストレルの左旋性光学異性体といわれていて作用としては排卵を抑制してくれる作用や、受精後の卵子着床するのを阻害する作用などあります。国外で行われた臨床実験では、レボノルゲストレルを72時間内に服用すると妊娠阻止率約85%くらいだといわれていて、アイピルなどのアフターピルを活用する女性も多くいます。

レボノルゲストレル薬剤は避妊だけでなく女性疾患治療にも効果ある!

レボノルゲストレルには避妊効果があります、同時に月経困難症などの治療にも効果期待されています。実は低用量ピルにはレボノルゲストレルも含まれているのです。エストロゲンや黄体ホルモンが混合された薬剤とも言われています。月経周期に乱れある女性服用すると、生理痛改善されたり生理不順などの症状よくなったりして、痛み緩和効果なども期待できるのです。レボノルゲストレルは月経困難症や月経前症候群の症状改善のために処方されることもあります。

レボノルゲストレルが働くメカニズムは、子宮内膜や頸管粘液の状態変化をもたらして、精子が子宮に到達しにくくします。あわせて受精卵の着床阻害効果あるので、ダブルで妊娠しにくくなるのです。これは、脳下垂体にレボノルゲストレルが作用して、卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌を抑制することが理由です。これらのホルモン抑制されるので、排卵も抑制されて妊娠しにくい状態になるのです。

このように、アイピルなどに含まれるレボノルゲストレルには女性の性ホルモンの分泌をより穏やかにする働きがあるため、卵巣や子宮の活動も低下しやすくなります。生理時の痛みなどは、これらの器官活発に活動してもたらされますので、よりマイルドな働きにすることで生理の痛みや不快感を軽減させることできるのです。そのため、レボノルゲストレルを摂取することで、生理痛やそれにともなう腰痛、そして生理前からある不快な症状である頭痛や吐き気、憂鬱な気持ちや不安になる気持ちやイライラといった女性のつらい症状を軽減してくれるのです。

レボノルゲストレルの怖い副作用、血栓症

胸の痛みを感じている女性
そんな効果のあるレボノルゲストレルですが、ピルには副作用もあります。その中で最も危険なものとして、血栓症が挙げられています。血栓症は血管詰まってしまう病気で、血栓症になると血管内に血栓できて、その血栓で血液の流れブロックされます。そのことによって組織や臓器に深刻な障害引き起こされ、時には命の危険もあるとても怖い病気です。

血栓症が心臓で起こってしまうと、狭心症や心筋梗塞などを引き起こしてしまうことあります。また、血栓症動脈などで起こることで、血の流れ止められてしまって、そこから先に、必要な栄養分や酸素運ばれなくなって、その部分の細胞死んでしまうという壊死など起こったりしてとても危険です。

血栓症の症状は1つではない、すぐに病院受診を!

また血圧上昇につなったり、動悸や息切れ、胸痛など引き起こされて、むくみや激しい頭痛など負ったりします。血栓症はとても恐ろしい病気なのです。また、毛細血管たくさんある目に送られる血液の量も変化して急性視力障害などの傷害起こった利します。

まとめ

異変を感じた時にはすぐ病院へ
アイピルなどに含まれているレボノルゲストレルには避妊効果もあるのはもちろん、副作用もあります。血栓症の症状は一つではありませんので、異常を感じた時にはすぐに服用を中止して病院を受診するようにしましょう。